レンタルオフィスとの違い

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの最大の相違点は、現実に部屋を借りているかどうかという点です。レンタルオフィスは実際にオフィスを借りることになり、事務所として必要な機器についてはあらかじめ備え付けられているのが特徴です。たとえば電話が備え付けられていたり、インターネット回線が引かれていたり、デスクやチェアといった備品も備え付けられているため、部屋を借りればそのままオフィスとして使用できてしまうのがレンタルオフィスとなります。レンタルオフィスは月極めでも時間でも日割りでも借りることができるという特徴があり、週末起業などにも重宝されています。週末の数時間だけオフィスを借りるというフレキシブルな使用方法ができるのが利点です。

これに対してバーチャルオフィスは現実に場所を借りるわけではありません。利用できるのは住所や、電話と郵便物の代理受け取りおよび転送サービスのみとなります。レンタルオフィスのように場所を現実に一時的に提供してもらうこともできますが、これはオプションとなります。バーチャルオフィスはお部屋を実際に借りるわけではないため、料金も格安になっているというわけですね。オフィスとしての場所が欲しいのであればレンタルオフィスを、電話の代行や転送などをしたいのであればバーチャルオフィスを利用すると良いでしょう。